本文へスキップ

サイエンス・ライター平林茂 のWEBサイトです














TEL. 03-3280-1808

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿3-29-1

トピックスTOPICS

がん治療

 「血管内治療」

 がんは成長する過程で自ら血管を新生します。酸素や栄養素など血液を通して供給を受けるためです。見方を変えれば、血管のないところでは、がん細胞は成長できないのです。血管内治療では、全身の血管の中を細いカテーテルを通していき、がんのある腫瘍巣の局所を治療することができます。治療の方法も、多種多様で、血管を塞栓してがんを兵糧攻めにしたり、局所に高濃度の抗がん剤を注入したりもします。局所への抗がん剤の使用は、腫瘍巣に対しては、高濃度でも全体的には極めて少量での抗がん剤治療が可能となります。抗がん剤治療の副作用でお悩みの方には、お役にたつ治療法でもあります。また、近年では、局所治療に使用する薬剤や治療方法なども進化し、抗がん剤に代わって、高濃度ビタミンC、活性化したリンパ球や樹状細胞、遺伝子療法製剤などを使用する場合も多く なってきています。


「免疫療法」

がんの増える力が、免疫システムの力を上回ると、発症や進行を食い止めることが難しくなります。そこで考えられたのが、免疫システムを構成しているさまざまな種類の免疫細胞を、体外で増殖したり強化したりしてから体内に戻し、患者さん自身の力でがんを攻撃しようという治療法です。


栄養療法

「がんの栄養療法」

間違った栄養療法について                        ビタミン



ナビゲーション

  







バナースペース

 Office Shigeru Hirabayashi

 〒150-0013
 東京都渋谷区恵比寿3-29-1
 クロースポイントビル4F

    TEL 03-3280-1808
    FAX 03-5421-3433

このサイトの内容(画像・データ等)の全体または一部を無断で使用する
ことをお断りします。
























バナースペース

栄養療法
がんの血管内治療
のメイクリニック
松永先生のサイト
患者の集い・
モミの木
がん患者のコミュニティサイト
フィジックス
・グループ
 自由な発想
 そして進化
赤ひげ書房
闘病記と一般向け医療関連のネット中古書店
東京センチュリーライオンズクラブ
世界最大の奉仕クラブ組織